2011年11月アーカイブ

今年の2月に初フルマラソンを裸足で完走した時、終了後はそれなりに足裏がヒリヒリしてました。

たしか、夕方にはヒリヒリで歩くのもやっとという感じだったように思います。

でも、丹後ウルトラ60kmの時も、今回のフルマラソン3連戦のあとも、
ヒリヒリはやって来ませんでした。

足裏は強くなっている様です。

ヒリヒリして挫折しそうな人!
安心してください。
きっとヒリヒリしない強い足裏を手に入れることができますよ♪

私は月間15〜20日、1日4kmほどしか走りませんが、
(時々20km走る)
それでも着実に足裏が強くなっている様です。

無理しないで楽しいぐらいで抑えるのが秘訣だと思います。

【結論】神戸マラソン、裸足で5時間52分12秒で完走しました。

この日は1週間前から雨予報。
しかし、祈りが通じて急に晴れマークに!

またお天道様が味方してくれた。

もし雨だったら、あの仮装は寒すぎる。。

しかし、スタート前はビルの谷間に太陽が遮られ、
冷たい風が吹き抜ける。
裸足の妖精は全身鳥肌でがたがた震えてじっと耐えました。

ようやくスタートの号砲が。。

でもいつまでも前に進みません。

貼るカイロもいらんだろうと甘く見積もっていました。
直前に預けるカバンにしまったのです。

ようやく進み始める。
そしてスタートゲートをくぐる。
約15分のタイムロス。

焦らなくていい。
最初はゆっくり行こう。

うっかりするとあがりすぎるペースを確認しながら抑える。

そんなペースで最後まで走るほどには私はまだ実力が伴わない。

覚悟していた渋滞は思いのほかヒドくなかった。

ピクチャ-12.jpg

友達が沢山参加している。1時間30分ほど経過したら折り返しランナーとすれ違った。
そこからは意識が散漫に。

友達を見つけたい→センターラインへ
沿道の声援に応えたい→歩道側へ
足裏のダメージを抑えたい→白線の上へ

10km程走るとおなかが減って来た。
給水場の直前でジェルを1個。

雪塩がまぶしてあるコロンのお菓子を1個。
水で流し込む。

ちょっとした坂がこたえた。
そして衣装の後ろのホックが3回もはずれた。

1回目は沿道の女性に治してもらった。
ありがとうございます!感謝感謝〜

あとは自力で止めなおした。
風が強すぎて乱れたんだと思う。

大阪マラソンはスタート時にカエルさんが盛り上げてくれて
とっても楽しい気分になれたけど、
今回はなんだかそれほどでもなかった。
何が悪かったんだろう?

神戸は大阪よりなんとなく硬い感じ。
(フレンドリー感が少ない?)

ただ、太鼓や踊りや演奏や、、すごくイベントが充実して
しかもしっかりしていた。

中学生の応援もあり、元気が出た。

途中、ふと沿道をみるとなじみの有る顏が。
ジョワンさん発見。
同じ京都の仲間を発見してなんだかほっとした。

そしてテンションが下がったもう一つの理由は、
「怪我しますよ!」と厳しい口調で私に注意していった男性がいた。
「怪我しません!」と言い返したけど、ムカっと来た。
そんな事ぐらいでむかついて大人げなくてゴメンナサイ。
でもムカついたんだからしかたがない。
悔しいけど追い抜かれたんだから。
いつか、追い抜かすからね!!!
(その男性は10kmのクオーターマラソンだった)

実際、今回神戸マラソンを裸足で走ってガラスの破片が刺さって
怪我をしたお友達もいる。

だから怪我をしないと言う事は無い。

でも靴を履いてたって怪我をする人はいる。
爪もはがれるし、つまづいて転んで擦りむく人もいる。
膝を痛める人もいるし、
実際、後半で多くの人が地面にへたばっていたし。

私は怪我はしない!
しないのですよ、おじさん!

したとしてもかすり傷です。
ちゃんと自分で処置出来ます。

なんでわざわざそんな事言うんだろ??

「あなたそんな走り方ではゴール出来ませんよ」って言われたのと
同じぐらい傷つく言葉だと思いますけど。

舐めたらあかんで!
捨て台詞で逃げていかんと正面から正々堂々とかかってこいや〜
・・・失礼しました。
この怒りのパワーは次のマラソンで結果に変える!

10km行かないうちにそんな気分になったもんだから、
なかなか気持ちの切り替えが出来ませんでした。

しかし、他の仮装ランナーたちを撮影したり、
沿道から声援をもらったりしているうちに気分は復活。

特に中学生のフレッシュな応援に感動しました。

そして2時間ほど走ったあたりで男性に声を掛けられました。
アリスの仮装をした裸足の男性。。
私の事をご存知だった様ですが、心当たりがありませんでした。
せっかく貴重な裸足仲間、どこのどなたか知りたいです!

沿道の方は大阪マラソンも応援されていたもしくは参加されていた方が
たくさんいらっしゃって、何十人にも声をかけられました。
「大阪マラソンの人〜〜!」「大阪も出てたやろ?」「大阪で見ました!」

はい私は大阪マラソンの人です。

ランナーにも大阪マラソン出た人がたくさんいらっしゃいました。

そして大阪マラソンを走ったピンクヘアのねこちゃんと再開し大興奮!

後半に神戸のお菓子がいただけるエイドがあると言う事でしたが、
用意されているお菓子が全部で25000個。参加ランナーは23000人。
これはきっと私にはあたらないと思っていました。
だからカバンにお菓子をいれて走っていましたが、
バナナを食べて、羊羹をいただいて、さいごタケノコの里をいただいた後、
あれ?水どこですか?
と聞くと、「ありません」といわれ奈落の底へ〜〜
あ〜〜タケノコの里で口がぱさぱさやん。

なんとか次のエイドで水をいただき、命拾いしました。

最後は皆さん歩いているバイパスへ。
私は歩かへん。
めっちゃ遅いけど歩かへんねん。
どうしても完走したいねん。

388055_279556325421456_100001012736553_835910_1766672043_n.jpg

エイド以外は写真を撮ったりで立ち止まる事はあっても
とぼとぼ歩く事はありませんでした。

Yさんがゴール2キロ手前で私を待っているという事なので、
最後の力をふりしぼって進みました。
ん、振り絞るほどではなかったかな?

そして最後1kmはすごく粗い路面。
ちょっぴりだけどスパート掛けられました。

そしてゴール。
先々週の淀川マラソンでの自己ベストを12分短縮し、ゴール出来ました。
3大会連続自己ベスト更新!
私のフルマラソン3連戦祭りは終わりました。
それぞれの大会にそれぞれ想い出ができ、とっても良い経験になりました。

次のマラソンは路面と気温が厳しい木津川マラソン(2月)です。
その前に年末の楽しみである「東山三十六峰マウンテンマラソン」があります。

必要最低限に厳選しました。

2月5日 木津川マラソン
4月 大阪府チャレンジ登山
5月20日 水都大阪ウルトラマラソン100km
9月 信越五岳トレイルランニングレース
9月 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン
12月 東山三十六峰マウンテンマラソン

yomiuri.jpg
2011年10月21日読売新聞京都セット版

大変でした。。

取材を受けるには受けたけど、必ず載るとは限らないと聞いていた上、
この記事が載った事はお知らせしてもらえなかったけど、
大阪マラソン当日に、走っている女性の方から、
「あなた新聞に載っていた人?」と聞かれて初めて載っていた事を知る。

そして、過去の新聞を図書館でしらべるも、載っていない。
ヨミダスのサービス(月間1,575円)で記事を検索し、
ようやく見つける。
読売新聞社より過去の記事を取り寄せる。
一週間後、ようやく手元に届く。
がしかし、載っていない!

読売新聞の大阪朝刊には、地域面があって各地域によって内容が違うのです。
私が載ったのは地域面。
そして地域版は本社には保管されていない。

歩いて5分の近所の販売所に電話し、ようやく手に入れる。
最初からここで聞けば良かったやん。
色々勉強になりました。

sankei.jpg
2011年10月31日産經新聞

産經新聞はお友達が「載ってるよ!」と教えてくれました。
すぐコンビニで2部買っておきました。

記念です。

私にとって日々走る事は、練習ではありません。
大げさな様ですが「生きる事」というのがしっくりきます。

裸足で走る事は、純粋に気持ちいい。
色んな事から解放される。


商業主義・消費社会への抵抗。
原始への帰還。
自然とのふれあい。


そして大会に出る意味はなんだろう。
こんなに素晴らしい裸足、
誰もが皆持っている裸足をもっと広めるため。。かも。

第一に大会は出会いがあって楽しい。

でも大会の為に走るんじゃない。

悲しい事に、大会に短期間複数エントリーしたため、
故障ギリギリで、普段走れなくなってしまった..。

季節の移り変わりを足裏から感じていたのに、
もう3週間程もいつものコースを走れていないのです。

裸足で走ると足裏が刺激され、健康になる!
と最近実感しています。

裸足健康法。
いかがですか?

裸足だと爪が亡くなったり水ぶくれが出来たりしないです。
(※いきなりやるとできます)
靴もすり減らない。
走れば走る程、強度を増す。
魔法の足です。
誰もが持っています。


最高〜♪

大阪マラソンから1週間。
完全休足して挑んだ初めての淀川市民マラソン。

朝は旦那さんが釣りでいない為、お義父さんに駅まで送ってもらって、
守口駅に到着。

いつもの様に用意していたおにぎりは車内で食べました。

待ち合わせのお友達度合流して会場へ。。

暑い!
何この暑さ?
半袖になりました。

376714_272468396130249_100001012736553_815614_1806163384_n.jpg

376814_272468306130258_100001012736553_815609_309654892_n.jpg

当日受付を済ませ、
うどんを食べ、
ゼッケンをつけ、
荷物を預ける。

9:10にハーフに出るぴろし(ネ申)の応援に行く為、
荷物を預けにいくと、大渋滞となっていた。

荷物をあずけ終わったらハーフスタートの打ち上げ花火が...
スタートを見逃してしまいました。
この日最大の失敗。

淀川市民マラソンのコースは河川敷でアスファルトがひどく粗い。
そしてジャリミチもある☆☆

スタート地点に並ぶ。
たかちゃんがDで私がF。たかちゃんが私にあわせてFのところに
並んでくれたのでスタート前の寂しさがまぎれました。
しかしいつもながら、ビーサンを脱ぐ時は超きんちょう。
何故かと言うと、脱ぐといろいろ言われるからです。
なんかいけない事をしているような..
大丈夫?と聞かれるけど、
まだスタートしてないからやってみないとわからない質問です。

そばにあったテントの横にそっと並べておきました。

そしてスタート。
緊張。
今日は真剣モード。
路面をじっと見つめ走り出す。

いきなり粗いアスファルトだ!
笑えない。

でもしばらく行くとずーーっと芝生の道。
これはラッキー。
なんだかズルをしている気分だけど、
なるべく足裏の負担を減らしたい。

腸脛靭帯炎の心配があるため、
今回は極力ゆっくりと。
周りの人がどんどん私を置いて走り去っていく。
でもつられてはいけない。

7.5分以上のペースをキープしながら丁寧に着地する。
約10km程で痛めてなかった右足の付け根が痛み出す。

おなかも減って来た。
スタート前にうどんを食べたのに!?

エイドでは早食いを実践。

右足の痛みはそれ以上ひどくなる事は無かった。

コースはバリエーションに富んでいた。

粗いアスファルト、
ぬかるみ、
芝生、
ジャリミチ、

天候は..
曇りときどきパラパラ雨。

足がふやけるとどうなるのか心配でしたが、
芝の上とかでは割と乾く感じでした。

距離はあまり考えず、ペースがあがりすぎていないかどうかだけ考えてました。
今回はぜったい足を悪化させてはいけない。
真剣モードで顔は恐かったと思います。

路面を注意しつつ、対向のランナーにも注意し、友達を見逃さない様にしっかり確認。
無事に全員とタッチ出来ました。

折り返しをすぎ、守口でQちゃんがタッチ。
「まみさん、裸足で大丈夫〜?」と気遣ってくれました。
大丈夫で〜〜す。

そして、たもんさんとハーフを走り終えたぴろし(ネ申)が応援してくれていました!
感激〜☆

442289300.jpg

しばらく行くときったんとみっちゃんとオハナが。
うう、なんというか、、また会えて良かった!!
そこに立ち止まりたい気分だったけど、
すでに遅い時間だった為、進みました。

私はすごく遅いので、ちょうど先頭集団とすれ違います。
彼らはもうゴール。
私はあと半分。

拍手でエールを送ります。

しばらく細かい砂利を固めた茶色い路面。
私はここが一番きつかった。
また折り返してきて通るのかと思うとげんなりした。
でも通るしか無い。
1km以上あったように思う。

その区間が終わると体中の緊張が解けてほっとする。
粗い区間は細心の注意を払って着地しないと、痛みがダイレクトにくる。
そっと着地すれば軽減されるのです。

対岸に渡っても長く続く。
そして避けられないジャリミチ。
なるべく石の少ない部分を探して走る。

次の折り返し。

あぁ、完走出来そう。

そしてもうすぐゴールかな〜という時に、
前方にかわゆい女の子といくしまさんが!
あれは、幸せのカメさんに違いない!

わーい♪
やっと会えた。
嬉しい〜〜

そしてふなぴさんにも会えた。
片手にビールの缶が..
私はあまり飲まないけどなぜかその時美味しそうに見えました。

ゴールまで2人は私に付き添ってくれました。
思いがけない楽しいゴール。

速度も並にあがりました。
力一杯のゴール。
6時間4分。
(先週は6時間10分)
やった!なぜかPB更新や♪

ゴールにはたかちゃんが待っていてくれた!
わたしなんかたかちゃんより1時間も遅いゴールなのに〜。
ありがとうございます。ありがとうございます。

そしてビーサンを迎えににいく。
ありました。
テントの横にちゃんと。

荷物置き場の洗い場で良く足を洗い、
荷物を取り、もう一度足を洗って、着替える。

最初の動物のところでたかちゃんが待っていてくれた。
ほかほかのたこ焼きを買って来てくれてた。
むっちゃおなかが減っていたので嬉しかった。

そしてとっても美味しかった。

帰りに銭湯によろうという事になったけど、
なにげに遠かったので、駅に着く頃にやっぱり帰る事になった。

お疲れさま。


淀川のコースを走ったら足裏がずるむけになるかもしれない。
そう思っていました。
しかし、たしかに多少辛い路面もありましたが、
サイドに芝生がある区間も長く、
ダメージは最小限に抑えられました。

そしてずる剥けになることはありませんでした。
もちろん、水ぶくれもありません。
足裏はノーダメージです。
かすかにヒリっとするぐらい。

386246_272468346130254_100001012736553_815610_1425558543_n.jpg

300379_272468386130250_100001012736553_815613_1004269857_n.jpg

ただ、左足の甲の部分が少し腫れています。
着地が雑になった時があり、アーチに負荷がかかりすぎた様です。
でも数日で治るレベルでしょう。

383934_272468379463584_100001012736553_815612_1859551621_n.jpg

p.jpg

朝、3:40起き。
今回は仮装をするので着替える時間をゆっくり取りたい。
気合いを入れての早起きでした。

始発で大阪城公園へ向かい、
6:10に駅に着くも、雨!
まさか朝から雨??

足取り重く、更衣室へ向かう。
まだあまり人がいない。

まずはおにぎり小4個で腹ごしらえ。
コンビニのおにぎりはマズくて食べられないので
昨晩ににぎったもの。

周りを見ても仮装の人はいない。
わたしは上から下まで(下は無いかw)ばっちり仮装。
隣の人が「綺麗ですね」と言ってくれた。
ありがとうございます!

私は仮装ランナーである前に裸足ランナーである!
裸足にあわせた仮装なのです!
最初ウイッグをかぶる予定はありませんでしたが、
東京の裸足系ランナーさんが原始人スタイルの仮装をされた時に
ウイッグとヒゲがあるだけで存在感がぜんぜん違ったので
やっぱりやるならとことんやろう!
ということで、コスプレイヤーさん御用達のMAPLEさんのウイッグをかぶることにしました!
今やコスプレはランナーのものでもあるのだ!

ゆっくり着替えを済ませ、7:30を過ぎたので荷物を預けにいく。
いちおう、ビーサン履いて。。
心配していた雨はやんでいた。
トラックの前でおもむろにビーサンを脱ぎ、預ける荷物にしまう。
ビーサンは全く必要なし!ゴールで待っててね、ビーサンちゃん。

そして、ゆっくりとスタート地点へ向かう。
みなさん記念撮影されていたので私もお願いして撮ってもらいました。

DSCF0562.jpg

ぱっと見、裸足でおつむがイカレタおばちゃん風です。

ちょこっとつぶやき用に携帯電話、ハンカチ、ティッシュ、デジカメ、塩飴、お金をカバンに入れてます。エネルギージェルか、固形の補給食が無かったのがちょっと失敗だったかも。

早くもスタート地点に到着。早すぎたかな??
あと1時間もあるし。
近くにいたカエルちゃんの仮装の男性がとっても気さく&陽気な人で、
最初2人で記念撮影し合っていたら、ぱらぱらと仮装ランナーが集まって来た!
そして、しばし大撮影会が繰り広げられ、Not仮装ランナーもカメラを一斉にかまえた。
「はい、いまがシャッターチャンスですよー、みなさん撮影してくださいね〜。もういいですかぁ〜」みたいなかけ声で周りを笑わせた。

378995_269311263112629_100001012736553_802598_539483613_n.jpg

今回は緊張はしてません。
ゴールまで行くだけです。
どのくらい走れるのかは気になりますが。。

鹿児島から来た女性としばしお話をし、ようやくスタートの号砲が!
でもいっこうに進みません。
これが噂に聞いていたスタートまでのロスタイムか!
手元の時計で約11分。そしてスタートを超えてものろのろ。

303090_269310729779349_100001012736553_802583_1879340291_n.jpg

これやったら制限時間がいくら7時間でも、
遅い人は次の関門でアウトになってしまうやん。

焦るつもりは無いけど、軽く走ってたらいつもよりハイペース。
前方にゴンズイの固まりの様な人だかりが...
誰?
橋本知事でした。

写真撮ろうと思ったけど、面倒だったのでやめた。

そこからは気持ちよく快調に走る。
ちょっと早いかもしれないけど、無理もしてないし、快調だし
まあいいかなぁ〜。

仮装ランナーを見つけてはシャッターを押しまくる。
でもぶれてしまって難しい。

前方にお姫様だったかアラビアだったかの美しい仮装ランナー発見!
綺麗ですね〜というと返答が男の声だったので、
あ、男性でしたか。。と言うと
「失礼ねぇ〜〜、ニューハーフよん♪」と怒られちゃいました。
ビックリ!

そして私もシャッター押されまくり。
いいですか?と聞く人、なにも聞かずに撮る人半々ぐらいでした。

私はほとんど断り無く撮りまくりました。たぶんいいと思います(?)。
私の写真はどうぞ、ご自由に使ってください。

虚無僧さん、なまはげさん、太陽の塔さん、アンパンマンにミッキーマウス、
インデアン?、さる、かぼちゃ、だいこん、たこやき、浴衣(ロング)、
魔女、アラビアンナイト?。。。

383804_269311219779300_100001012736553_802597_1000673838_n-1.jpg
いちばんかわゆかったネコちゃん。ぽっ☆

沿道の声援もものすごい。
いったい何時間応援しているんだろう?
私には「きゃーかわいい〜」「きれい」とかの声がけから始まって
「え?裸足?」「裸足や」「裸足がんばれ〜」という感じでした。
とくに若い女の子に仮装はウケた様です。

中には裸足あぶないよ〜とか注意してくださる方も10〜20人ぐらいいらっしゃいました。ご心配いただきありがとうございます。十分鍛えてますので。

まるで選挙活動の様に手を振りまくり、ニコニコしまくりでした。
マラソンしてるという事を忘れそうでした。

そして御堂筋で折り返しランナーとすれ違う。
みんなの声援で気がついた。
しかーし、チャレンジランのコースとフルマラソンのコースに分けられ、
チャレンジランがセンターの車道、フルマラソンが歩道側の1車線。

3番目ぐらいの先頭集団、はるか彼方にクロたんの姿を発見!
クロたーん!
ちょっと背中が曲がり気味?苦しそう?めっちゃ速い!
今回、2時間50分切りを目指している。(そしてみごと達成!)

私の叫びもむなしくかき消される。。
あかん、これでは友達には一切あえないわ。
さみし〜〜い。みんないっぱい走ってるのに。

きっと幸せのカメさんさえも見つけられない(涙)
後で産経Webで見つけました。(最後から3枚目)
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2011/10/1030osaka/

19km地点。応援に駆けつけているたもんさんを探すも見つけられず。

足がおかしい。
丹後で痛くなった左足がまた同じ様に痛くなって来た。
これはヤバい。

この後、1週間後に淀川市民マラソン、そして神戸マラソンが待っている。
無茶をしたら全部パーだ。

なるべく負担のかからない様に。。
でも「完走した!」と言いたいので、ゆっくりでも走る!
エイド区間以外は走る!

どのあたりだったか?
ウサギさんの着ぐるみのお友達にあえました。
あまりにも嬉しすぎて2人で記念撮影までしました。
後にも先にも、あえたのはウサギさんだけでした。

おなかも減ってくる。
エイドには食べ物は無い。
これまで出場した大会とはちょっと勝手が違う。
固形物〜ごはん〜パン〜食べたい!

ようやく、バナナにありつく。
バナナ2コを口にほりこむ。
走る。

エイドでは水を左足にかけて冷やす。
たいした効果を感じられない。
でも気休め。

次もバナナ。
バナナしか無いのか...
本来マラソンってそれが普通なんだよね?

おにぎり食べたい。

32km地点のエイドでようやくバナナ以外のもの発見。
でも私が遅いからかごぼうはなかった。

三笠、大根の漬け物、桜餅、コロッケ..
桜餅とコロッケを両手に持ったところで、
テレビカメラに引き止められた。
食べながら取材に応じる。

大阪マラソンどうですか?
どこが良かったですか?
衣装は自作ですか?
なんで裸足ですか?

何を答えたか忘れた。
結構ひきとめられたぞ?
何TVやろ。わからん。

あと10kmですが、左足がおかしいのはそれほどひどくなく、
なんとか前進出来そう。
ただ、木津川マラソンの時の様なあっという間にカウントダウンみたいには
進めませんでした。
1km、1kmがすごく長い。
どこまで続くのか。。

右足は何ともない。
この左足めっ!

左足の痛みさえ無ければ...言い訳無用。
なんでこんな事になってしまったんだろう。
淀川はもう無理。
神戸も無理かも。

310229_269311706445918_100001012736553_802611_356988450_n.jpg
医師団。
この大会は若いドクターから年配のドクターまで沢山走っていました。
そして私に「足大丈夫ですか?」と声をかけ抜き去っていきました。
すっごい人数のお医者さんが大阪マラソンに集結した様です。
「健康、健康!むっちゃ健康ですよ〜〜」

しかし、こんなにつらいラスト10kmは初めて。
まあ、初めてって言う程大会に出てませんが。

1kmが長い。
周りはみんな歩いている。
走っている時はいいけど、大勢が歩いていると
走っている=間違い
みたいな気分になってくる。

歩くスピードと同じぐらいの走り。
白線は私の道です。
どうぞ譲ってください。

白い線を見ながら歩きたいのでしょうか?
どうしても線を譲ってもらえません。
右から左からなんとか追い越し、線路に戻る。

どこまでも続くよ〜。

雨が降って来た。
もうすぐゴール。

あぁ、雨が目に入っていたい。
化粧が台無し。
きっと、ぬれねずみみたいだろうな。

しかし、この雨の中沿道の人の声援は途切れない。
もうすぐゴールします!
ここまで来れました。

9割笑顔で走り通せました。
見る人によっては笑いながら走ってたので不気味だったに違いありません。
おもろい大阪マラソン!

よい体験をしました。

6時間22分。

ゴールしたら、笛を吹きながら走っていた外国人さんが私のゴールを喜んでくれた。
FiveFingersを履いている別の外国人と3人で記念撮影。
あ、私のカメラ出すの忘れた〜。

沢山の外国人さんに声かけていただきました。
台湾の人、
欧米人、
中国人。。

なんか誉め言葉のようなものをいただきました。

台湾の人はツアーか団体なんでしょうか?同じウエアで走ってました。
腰の後ろあたりにtaiwan台湾とかいてありました。

まず、トイレ!
結局のところ、トイレ渋滞がひどすぎて1度も利用しませんでしたので。

そして更衣室。あ、トイレに行っているうちに渋滞になってました。
あきらめて外で着替える。
最低限はトイレで着替えをすませ、地べたに座って片付ける。
となりに座った女性と裸足についていろいろとお話しし、
荷物をまとめ、移動開始。

3階に上がるのにも渋滞だったけど、建物から出るのも渋滞。
そして、駅も渋滞。

くたびれた〜

とにかく新大阪の銭湯をめざしてがんばる。
1時間以上かかって銭湯へたどり着き、
あとはゆっくりと身体を癒しました。

前回の生駒の時も銭湯に行ってダメージがおそろしく少なかったので
銭湯は身体を癒してくれるに違いないと思い、ゆっくりしました。

------
翌日、やはり、筋肉痛等なし。
100%の力は出せなかった様です。
足のむくみもあまり無いようで、成長したのか、だめだめだったのか...


391939_269829859727436_100001012736553_804878_1211145099_n.jpg

305850_269829836394105_100001012736553_804877_694567860_n.jpg


初めての都市型マラソンは想い出に残る大会となりました。
たくさんのご声援と励まし、ありがとうございました。
感謝します。

できれば一度裸足を試してくださいね!

おしまい。

今さら気がついたんですが、景色は一切撮ってませんでした。
なにやってんだか...

p-3.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。