2013年3月アーカイブ


流行の「裸足感覚シューズ」は骨を痛めるリスクが高いという調査結果 / 走り方によっては骨折の危険性も
http://rocketnews24.com/2013/03/18/304910/

という記事をちらっと読みました。
裸足系のシューズって流行ってたんですね〜。
知りませんでした。

裸足系のシューズを履いて骨をいためる人が多いんですね。
ちょっと考えちゃいます。

とにかく裸足で走るPRをすればいいかと思ってやってきたけど、
安易にまちがったやり方で走っちゃうと普通のランニングシューズを履いて間違うより
リスクが高いという事らしいです。

あ、靴を履く場合ですよね。あくまで。

裸足の場合はよっぽど忍耐強いか変態でないと、痛くて変な走り方はできないと思います。
まず、走り始めは足裏のダメージがでるので沢山の距離は走れず、
一度足裏のダメージを感じたら回復するまで再開しないのが普通です。
だから、大きな故障にはつながらないと私は思っています。

そして芝生などの足裏に優しい路面ばかりではなく、粗い路面で走る事により、
最小限の接地インパクトで走ると言う事を身体で覚えるというのも大事なのではないかと思います。

裸足で走って故障する人というのは、よっぽどの我慢強い人じゃないかと思います。

裸足系のシューズについてはときどき履くけれど、私自身、履きこなせてるとは言えないので
危険度は何も履かない裸足より増すと感じてます。

吉野さんがよく言う様に「リアル裸足」という体験もときどき必要なのでしょう。

走って楽しいはずが、怪我をするなんて悲しいばかりです。

裸足系の人はおいといて、
これから裸足ランを始める人には絶対に怪我をしないでほしいです。

痛めたりするという事は、なにか間違っているはずなので、
裸足ランニングクラブとかに参加してしっかり聞いてください。
(普通は自分でやればわかりますが。)

深く考えなくても無理さえしなければ裸足でフルでもウルトラでも走れるんだから。

早く走れる様になりたいという願望がある人には裸足ランはおすすめしません。
やめといた方が良いです。

本来、裸足で走るという事はとっても楽しくて人間にとって自然で気持ちがいいものなのです。
マラソンのタイムとは切り離しましょう!

京都マラソン翌日の夜の足の様子です。

531495_529613630415723_967211172_n.jpg
ひさびさに浮腫んでます。
それなりのダメージかな。


313752_529613493749070_661402906_n.jpg
左足裏は前足部(親指付け根)がすこし赤くなっている程度でダメージは無いです。


181002_529613253749094_394494204_n.jpg
右足の前足部の中央に水ぶくれが出来ていたであろう形跡がありますが、
気がつかない程度ですので問題ありません。
すでに水泡も吸収された様です。

事前の走り込みで30km走ができなかったので、
めっちゃ不安でしたが、いつも通りダメージが無く良かったです。

銭湯で見た女性は出血してシューズが真っ赤に染まっていました。
そういうのはちょっと怖いです。
また、そんな状態で走りきれるというのは凄いなぁと思いました。

裸足ランナーの心得。

1.怪我をしないこと

2.人に迷惑をかけないこと

3.無理をしないこと

【結論】京都マラソン、裸足で5時間12分49秒で完走しました。

(前書き)
京都マラソン2013に参加しました。
これまでのPBが神戸マラソンの5時間52分12秒だったので、大幅に更新です。
しかし、あと1週間準備期間が欲しかったという若干準備不足でした。
30kmまで5時間を切るペースで爆走しましたが、30kmすぎると股関節が急に痛み出し、
ウソの様に走れなくなりました。
目標としていた5時間半以内にゴールしたかったので、だましだましゆっくりではあるけれど
走り続け、予想以上のタイムでゴールできた訳です。

30kmまでのペースを継続できれば4時間台だったわけですから、
次が期待できると思い、寒さに震えてはいたものの内心喜びながら
最後の10kmを進みました。

(本編)
京都マラソンは仮装禁止ということなので、
仮装での参加は断念しました。

しかし、私なりのランニングファッションで参加したのです☆
ファッションウイッグはシルバーだと人工的で私としては仮装の領域になると
考えたため、ギャル風の金髪にしました。
使用ウイッグはMAPLEさんのMP207-26です。ちなみに前回は同じ型のMP207-60(ホワイトシルバー)です。

白い短パンにTシャツ、うえからオーガンジー生地のチュニックを羽織って、
念のためアームカバー、腰に貼るカイロでした。
スタート時は気温が高く、寒さで震える事も無かった為、
手ぶくろは省略しました。
わたしの格好は仮装ではなく、ファッションです。
髪型を変えてちょっとおしゃれしました。
何かに化けている訳ではありませんので。ヨロシク。

タクシーで西京極まで行き、コンビニでどんべえを買ってお湯をいれ、
出来上がるまでの5分で荷物トラックの付近まで移動し、5分たったところで座って食べました。
普段はインスタントものなんかとんでもない!!添加物排除主義ですが、
とにかく空腹になるととたんに走力が落ちるため、なるべく沢山食べておく作戦です。
もちろん朝食は6時頃に取りましたけれど。

食べ終わって、ドリンクサービスで補給させて頂き、荷物を預ける時に
友達に会えました。心細さが解消。
その場で不要なものを脱ぎました。

友達とはタイムが1時間以上ちがうのでそこでお互いの健闘を祈り、別れました。
BE8xCj1CAAE_3QH.jpg-large.jpeg
私は何分目標でエントリーしたか忘れましたがFのエリアでした。
これがいつも弟が走っているトラックなんだなぁ〜。
私も高校生の時リレーカーニバルで走ったけど。

となりの男性は北海道からいらっしゃった方で、奥様と旅行を兼ねて来られたということでした。
素敵ですね。
去年も京都マラソンに出走されたそうなので、コースの事などいろいろと教えて頂きました。
約1時間でしたが前後の方とお話ししてたらあっという間にスタート時刻となりました。

Fエリアからスタートの門までは約5分のタイムラグ。
とりあえずの関門の不安は軽減されました。

今回の私の作戦は最初に出来る限り突っ込む!です。
なぜならば、先週に路面調査にコースをバイクで回りましたが、
路面状態が最悪でした。
そこで、足裏が保たれているうちに早く距離をこなそうと言う事なのです。

予想通り最初はテンションもあがっていて上々のタイムで
走り抜けることができました。

バイクで回ったときは粗くて無理だろうと思っていた路面も、
2車線使用できるという事でセンターラインが私を助けてくれました。
危惧していた衣掛の道前後の起伏も、思ったほどキツくなく、
かえって変化があってランナーを飽きさせない楽しいコースでした。

10km地点で01:06:08。
「よしっ!よしっ!」とガッツポーズで通過。

未だかつて無い速度で駆け抜けているけど、
足裏のダメージはほとんどない感じ。

それよりも暑さでばてそう〜。
アームウォーマーもはずして汗を拭いながら走る。

快調で最高!めっちゃ気持ちよかった。

今回も終止いろいろ声をかけて頂き、テンションがさがる事無く
楽しむことができました。
心配してくださる方が多いので後ろのゼッケンに
だいじょうぶです☆と書いたのですが字が小さくて目立たなかったようで
「大丈夫?」と沢山声をかけられました。
次回よりもっとデカく書こうと心に決めました。

あとは、なんで裸足なんですか〜?という質問が5〜6件あったのですが、
一言で答えるのは難しいです。
いつもどう返答するか次には決めておこうと思うのですが、

「健康」という事にしとこかな。

西大路通りにでて、とうとう避け様の無い粗い路面がでてきました。
白線も薄く、意味の無い感じです。
登りも加わり、厳しいですがなんとかクリア。

記憶は曖昧だけど、たしか船岡東通のあたりで雨がキツく降り出し、
ウエストバッグにしまっていたゴミ袋を着用しました。
冷たい雨でした。
その後、雨は一旦やみました。

20km地点で02:14:18
また「よしっ!よしっ!」とガッツポーズで通過。
家の近所を同じ距離走ったときはへろへろでもう少し時間がかかったし。
いい感じ!

おじさんは、裸足〜と言ってがははと笑ってくれる場合が多いのですけど、
そのリアクションが一番好きです。
そうしてもらいたいです。そうすれば元気百倍。

福王寺だったか、どこかの沿道で
「今年も落選しました」と書いた紙を持っている男性がいました。
その言葉はとってもぐっと来ました。
沢山の落選した人の気持ちを考えると一歩も妥協する事はできません。

折り返し組と初めてすれ違ってちょうどたもんさん発見。
たいやきがもう当たり前かの様に頭にフィットしていて、
まるのなかは笑顔がありました。。
風抵抗もありそうなのに、3時間ちょいでゴールして、すっごい面白い人です。

次にテルさんに声を掛けられました。
嬉しかった。ありがとうございます。

そして後方からスタートのみねさんを発見。

知った顏にあえるとなんだかほっとします。

どこどこの大会で裸足の人見ましたよ〜と木津川以外、ひととおり
声をかけていただきました。
第一回大阪マラソンに出られた方が多かったです。
一人だけ丹後ウルトラ60で見たという方がいらっしゃいました。
皆さんに覚えていてもらえてありがたい限りです。

そうとう覚悟していた狐坂も案外短く感じました。
トンネルの中もすべすべ路面で問題無く。

八つ橋は嫌いだけど、この時ばかりはおいしかったです。
空腹は走力ダウンに繋がるため、補給は大事。
水分補給はだいたい1つか2つ飛ばしで。
ラスト10kmはほぼ無補給でOKでした。

30km前後で急にかくっと足が動かなくなりました。
膝かっくんの状態です。
正確には股関節(両足の付け根の前方)が突然痛み出しました。
え〜!?と自分でもビックリでした。
まあ、準備期間に30km走ができなかったので当然の事かとも思いましたが。
無視して足を前に進めようとするとチョウケイジンタイエンを発症しそうな感じ。
それだけはごめんですが歩く訳には行かない。
歩幅を最小限にして進みます。

ほどなく5:00のペーサーに「大丈夫ですか〜」と声を掛けられながら
抜かれました。よく見えなかったので5時間ですか?
と聞くと、5時間だけどちょっと早めだから大丈夫ですよ〜と言われました。

ちょっぴり悲しかった。

もうそのペースでは絶対走れないから。。

対向車線に5:30のペーサーを確認。
あの集団だけには追いつかれたくない。
今回の目標は5時間半。
気持ちよく最高のゴールをしたい。

大丈夫なん?と言われていた鴨川河川敷。
12月の極寒のゆっくりラン大会で走っているのでそんなに不安はありませんでした。
やっぱり足裏に超優しくぶつぶつのタイル以外は走りやすい路面でした。
ただし、冷たかった。

右手に見た事の有る文字が見えました。
「桂川RC」
あ!
なべっちさん、ごりさん、2人顏認識できました。
地元の大会のご近所さんグループ。京都マラソンならでは。

後半は大勢の歩く人。
せめて端に寄ってください。
私は歩きません。前に進むんです!

再び降り出した冷たい雨が丸出しの足を凍り付かせます。
気温が急激に低下し、足先も完全にフリーズ。
路面の痛さはありません。
ただ股関節痛のせいで足が前に進まないだけです。

寒い、冷たい。
でも絶対ゴールする。ああもう終わりか。
あともう少しで終わり。早いなぁ。あっという間だな。。
残りのキョリとペースをかけて計算する。
何度計算しても目標の5時間半はクリアできる。

感無量。

事前の走り込みでは5時間半の確証はなかったし、その分嬉しさが増大した。

40kmで確信しました。
「よしっ!よしっ!」とガッツポーズで通過。

ラスト2キロ、マラソンに出られた事、
ボランティアスタッフの皆さん、沿道の人々、一緒に走った人たち、
感謝しながらかみしめながら進みました。
ありがとう!ありがとう!

そしてあっけなくゴールしました。
5時間切りという次の目標がクッキリと見えました。
京都マラソンは先週バイクで試走した時にはもう二度とエントリーしないと思ってましたが、
沿道の応援もあたたかく、大阪とちがって沿道との距離もちかくて親近感があり、
コースは色々な想い出の場所を通り、アップダウンが適度にあって最高の大会なんじゃないかと
思いました。

また当たったら走りたいです。

ゴール後はほとんど前に進めなくて車椅子のお世話になってしまいましたが、
あたたかい服に着替えて、靴を履くとなんとか歩ける様になり、
錦湯という一番近い情緒ある銭湯であたたまりました。

足首の少し上、すねの下部が痛みました。
たぶん30km以降は股関節痛で小股になったため全ての負担がそこに来たからだと思います。
そうなることで、腸脛靭帯炎を発症せずにすんだようで、良かったです。

足裏などのレポートは明日以降記入します。

地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時間
Time
5km 00:35:05 (0:30:36) 0:30:36 09:05:04
10km 01:06:08 (1:01:39) 0:31:03 09:36:07
15km 01:39:13 (1:34:44) 0:33:05 10:09:12
20km 02:14:18 (2:09:49) 0:35:05 10:44:17
中間点 02:21:56 (2:17:27) 0:07:38 10:51:55
25km 02:50:46 (2:46:17) 0:28:50 11:20:45
30km 03:28:17 (3:23:48) 0:37:31 11:58:16
35km 04:11:30 (4:07:01) 0:43:13 12:41:29
40km 04:57:37 (4:53:08) 0:46:07 13:27:36
Finish 05:17:18 (5:12:49) 0:19:41 13:47:17

ピクチャ-5.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。