裸足ランナーの心得

裸足ランナーの心得を去年に書きました。

裸足ランブームがそろそろ下火になっているらしいという中、
私の元には裸足で走る人の情報が倍増しています。
たくさんの人が裸足で走るようになっている様ですが、
私からしたら意外と怪我をする人が多い様です。
なんでそうなるなのか良くわからないのですが、
怪我をしないように注意して無理せず走ってほしいです。

そっとやさしく走って、怪我が無い事を確認しながら
一歩一歩進んでほしい。
怪我も無く慣れて来たら、それからスピードを上げるなどする方が安全だと思います。
痛みに鈍感な人、やたら我慢強い人は1km毎に足裏を見て確認してください。
怪我をしたらストップ。しなかったら継続。
地面との摩擦が極力減るように工夫する。

それと裸足系シューズでは足裏の痛みから守られるため、
本当のやさしい接地を知る事は無理です。
一度、裸足で走ってみて受け止めて、感覚がつかめたら裸足系シューズやワラーチを使うとより良いと思います。

《!これらは私の考えですので、かならずしも正しいかどうかわかりません。》

ただ、怪我をされる事はとても悲しく時には腹立たしいので、
安全第一で走行してもらいたいものです。

—————————–
裸足ランナーの心得

1.怪我をしないこと

2.人に迷惑をかけないこと

3.無理をしないこと
—————————–

裸足ランナーの心得

投稿者: tairamami

仕事はウェブ制作&開発・印刷デザイン。ブログはランニングやトライアスロン中心です。[不定期更新]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)