2014年7月アーカイブ

予報通り曇り。
少し霧みたいな雨はふったけれど、須磨の海は最高の天候で私を迎えてくれた。

JRに乗って1時間半。読みかけの小説を読み終えてしまった。
少しうとうとして、11時前に須磨海浜公園到着。

いつもの様に信号前のコンビニで食べ物を買って受付に向かう。

11時に短い方がスタート。
私が浜にさしかかった時にはすでに走っている人がたくさんいた。

受付をすませ、かわいい女の子に手の甲に番号をかいてもらう。

公園の端に移動し、食料を補給する。
ゼッケンをベルトにつけて、後は12時までする事が無い。
ブルーシートのエリアは短い方の人のゴールでごった返している。

寝る。

曇っているのに暑い。砂浜だからかな。

日焼け止めは塗ってある。

12時になって説明が始まるのでブルーシートのエリアに移動する。
みんな座っているので、スイムコースの説明で立ち上がった時にウエットを履いた。

競技説明が終わって、海に入る。
去年は茶色だったが今年は透明だ!

冷たい!

冷たくても私は袖まであるウエットスーツなので、全く問題無し。
むしろ気持ちがいいくらい。

スイムについては、去年プールで知らないおばさんにダメだしをされてから
相当コンプレックスで、あれこれ人に聞きまくった結果、
すこしは自信を取り戻しつつあったので、すごく楽しみ。

やっぱりウエットを着ていると信じられないくらい進む!!

今回は積極的に人の作る水の流れに乗る!と決めていた。

スタートは前の方からだった。少し怖い気もしたけど、案外だれにも殴られなかった。
うまく、流れに乗って進む。
折り返しでは芋の子になって自然に回る流れに乗って自動的に進んだ。洗濯機に浮かぶ糸くず取りのようなもんだ。
前方を確認しながら1周目はもがく感じで終わり、2周目からようやく泳ぎになって来た。
最後の200mほどはなんとかいつも通りの泳ぎに近づいた。
ちょっと前方確認と一旦停止が多すぎたかもしれない。

上がったらマーシーさんと同時だった。
(あ、わたしもしかして速かった?)
ここでテンションあがる。

ウエットスーツはすんなり脱げた。
今回は腕の重さも無い。
冷静に顔を拭いて、Tシャツと短パンを着る。ゼッケンベルトとサングラスとガーミンを付けて空を確認。今日は履かなくても行ける!
確実に曇ってる!

裸足のまま走りだした。
やっぱりこれが快適。
なにも履かなくていいのは便利〜♪

前回は裸足で走って後悔したけれど、曇ってたら対して粗くない路面だった。
いつもの5キロごとのビルドアップのつもりで、最初はセーブ。
ランの目標は1時間ちょいだったので、キロ6フン切っていればいいという簡単なもの。
ところどころ走りにくい路面があって減速したけれど、ラストはスパートできた。
もちろん、コースは間違えない!

今回かなりいい感じじゃない?
上位に入れるかも。。

とっても気分良くゴール!

しかし、40代の女性はみなさんとっても速かったのでした。
前回は最下位だったけれど、少しは上にあがったと思います。
名簿では37人中23位。年代別13人中7位。まだ詳細わからないので。
私としては上出来かな。
良く出来た。

スイムはまだまだいけそう。
ランもあと5分は短縮できそうだし。

楽しかった!

スイムのあの皆でばしゃばしゃする感じがたまらん。
来年はやめとこと思ったけど、もう一回やってみたいな。

帰りは個性的な面白い人たちと風呂&焼き肉で楽しい時間を過ごしました。


10390524_784334591610291_2325466079640523264_n.jpg

MTでカテゴリをある特定のタグのものを限定数表示したい。
カウント数を増やしていって、希望の数以下の場合のみ表示という方法をとった。


<MTSubCategories top="1" sort_by="user_custom">
<mt:If tag="flag" eq="ぞうさん">
<MTSetVar name="count" value="1" op="+">
<MTIf name="count" lt="7">
☆ここにコンテンツ表示☆
</mt:If>
</mt:If>
</MTSubCategories>

「インターネットによる通信販売の追い風を受けて、宅配便は急拡大した。1997年に15億個だった個数は、2012年には35億個にまで膨れ上がった。これにより、物流網がパンクしたのだ。」
ダイヤモンド・オンラインhttp://diamond.jp/articles/-/55217

私の商売としては、ネット通販の伸びの恩恵を受けている。
このネット通販の利用増によって物流が大変な事になっているというのです。

そりゃそうだわな、1個人がばらばらに各地から商品を取り寄せるんだから、
こまごま何度も運送しなくてはならない。

本来はメーカーがあって、商社があって、卸問屋があって、小売店があって、
必要最低限かどうかはわからないけれど、ある程度まとまってものが動くことによって、
無駄なガソリンを使わずに、消費者は品物を手に入れる事が出来た。

今はそれぞれが好き勝手に注文して取り寄せる。
沖縄から北海道まで、そんなもんどこでも手に入るやんというような日用品も
他府県からわざわざ取り寄せる。

これって、めっちゃ無駄な動きよね??
効率も悪すぎるし。エネルギー資源の無駄遣い。

あほみたいに西から東へ、東から西へ、北から南へ、南から北へ、
網目状の迷路を舞い踊らされている私たち。

こんなことが加速して、いったいどうなっていくんだろう?
この問題の打開策は私には思い浮かばない。残念...。

「地産地消」という言葉が今の時代にはむなしく漂う。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。