第9回水都大阪100kmウルトラマラニック 当日

例年通り、前日受付をしておき、当日は始発でスタート地点へ向かいました。
今年はJRを利用せず阪急にしてみました。
梅田で降りると、去年であった松本さんに遭遇。そこから大阪城公園駅まで一緒に行きました。

梅田から環状線へ素早く移動できたので予定の1本前の電車に乗る事が出来て10分早くつきました。
10分早いとかなり精神的余裕ができますね。

小走りで会場へ向かいました。

今年からコースが変わった様で、ちょうど100kmアーリースタート組が公園内を走り抜けていました。
ひょっとして、と思ってしばらく見ていたら、丹後同志の西村さん登場!
朝から感激の遭遇!

荷物を預けてスタート地点へ。
トイレを覗いたら列が出来ていたのであきらめました。

まるさん、石倉さんと合流。
先頭スタート。

今年は頑張らないのですぐに左によけて比較的ゆっくり走ります。
序盤は折り返しなどで全員と顔を合わせます。

毎年見る人たくさんいます。

去年は公園内を裸足で走って消耗したので今年はスタートからワラーチを装着。
ワラーチでの試走は結局のところ1年間やってなかったので不安ではありました。

公園を出て歩道橋に差し掛かり、そこでワラーチを脱ぎました。
大川沿いは舗装が荒い区間と大丈夫な区間がまばらで、どちらかと言うと履いていた方がいいかもしれません。

毛馬から南へおりた道は舗装が少し荒くなります。
しばらく行くと納まるので、脱いだ方がいいかもしれません。
いつもこの区間で惑わされてワラーチを履いたままになってしまっているので、来年は脱いでみようと思います。

毛馬からはワラーチ。
最初はなんの問題も無くワラーチで走れます。

たまたま前を走っていたグループとペースが同じだったので、しばらく後ろにつかせてもらいました。

・・・

すみません、何かと忙しくてしばらくブログの下書きを中断していたら当日の出来事を忘れてしまいました。
やっぱり鉄は熱いうちに打たないとダメですね。
ちょっと省略形で書きますね。

調子は悪くなかったです。
最初からタイムも狙っていなかったし、気分も楽でした。
しかも、ガーミンをonしてなかったのでペースもわかりません。

近くを走る人にペースを聞いたり、
近くを走る人のペースについての会話を小耳に挟んだりしながら進みました。

各エイドでは色んな種類の食べ物を食べました。

今回も私設エイドに大変お世話になりました。
一番印象的だったのはヤクルトのシャーベットです。
すごいです。暑かったから美味しかった〜。

あと、凍った果物類、美味しかったです。

そして泡の出る琥珀色の飲み物、数カ所でわけていただきました。

コースの一部では端の方が草地になっています。
そこは迷わず裸足に。
裸足になるとワラーチによる痛みが軽減されます。極楽です。

復路はギリアンさんを追いかけながら走りました。
追いついたと思ったら先行されるので、追いかけっこみたいで結構走らされました。楽しかったです。

今回も色んな人とお話ししたはずなのですが、記憶が抜け落ちてしまいました。

60kmあたりで足が痛み始めました。
仕事が忙しく、最長30km走しかできてなかったので、ちょっと走り込みの距離が足りなかったようです。
走った距離の倍しか走れないという精神的なすりこみもあるかもしれません。

大阪城へなんとかたどり着くと、もうワラーチが苦痛すぎて足が痛くて走れなくなり、全歩きでした。
100kmをすでに走り終え、ゴールに立っていたまるさんに、「こら!走れ!」と言われたので、レッドカーペットのところだけ走りました。

10時間こえるかな〜と思っていたら計算違いで9時間半でした。
思ったよりマシだったので全体的に体力がついたのかもしれません。

DSC_1373 (1)

少し短めのレポートになりました。
これで連続5回ゴールしたのでポロシャツを申し込みましたよ。

来年はどうするか迷っていたけれど、やっぱり出る事にします。

ゴール後のサンドイッチとコーヒーとチーズケーキが最高に美味しかったです。

あ、どこかのエイドにあったカヌレもびっくりするぐらい美味しかった!

毎年唇の上の部分(ヒゲのところ)が日焼けしてしまうのでなんらか対策したいです。
いい方法ないかな〜?

投稿者: tairamami

仕事はウェブ制作&開発・印刷デザイン。ブログはランニングやトライアスロン中心です。[不定期更新]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)