2014大阪府チャレンジ登山大会(ダイトレ)

始発で出発したのに、
スタート時間が9時でした。

(カッコ内一昨年の通過時間)
PBだった一昨年のスタンプマップをコピーして持っていました。
比較します。

靴:ビブラムファイブフィンガーズ KSO 4年もの
靴下。靴擦れ防止のテーピングが面倒なので靴下履いてみました。
おにぎり小4個、卵焼き1個分、フィナンシェ、アクエリアス1/2濃度500ml
塩飴2個。

■ふれあい広場 9:00(2年前8:50)スタート

年々、スタート時刻がうしろにずれます。
参加者数が増えているのでしょうね。

スタート時、無敵を履いた人がいました。
声を掛けようかどうかモジモジしているうちに
その人は前方へ消えて行きました。

最初の登りは頑張りすぎず、良い感じで進めました。
体調も問題なさそう。

■P2 時刻不明

■葛城山 11:20(2年前11:22)
一昨年は10分早いスタートの11:22分着でしたから、
ちょっと早くついたのかな?

■水越峠 11:51(2年前12:00)
-吐き気との戦い始まる-
記憶が定かではありませんが、たぶん、ここまでは快調でした。
しかし、P3とP4での水分補給が悪かったらしく、胃のあたりが急に不快になってきました。
つい、それぞれのポイントでコップ1杯分をごくごく飲んじゃったのが悪かったみたいです。
その後、胃の中で水分がシェイクされる感じになり、だんだん不快に。。
なるべく、水分をとらないようにしていたところ、
今度は、ふらふらしだしました。
エネルギーが枯渇した!
でも気分が悪くて食べられない。
そんな葛藤を繰り返し、ついに限界となり登りの途中ではあったものの
石に腰掛けておにぎりと卵焼きを食べました。
この頃は胃の中の水分もだいぶ無くなり、気分の悪さは少しマシでした。
5分ほどかけて、ゆっくり、小さいおにぎり3個と卵焼きを食べ、
また、じわじわと進みました。

1歩毎の衝撃が胃にくる。
その後は吐き気との戦いでした。
吐き気のせいで闘志が消えてしまいました。

しばらくするとエネルギーの枯渇感はマシになりました。

■金剛山 13:09(2年前13:07)

ここでバナナいただく。
エネルギーが足りていない。

そしてここから行者杉までは走りやすいポイントなんだけれど、
ひどい渋滞に巻き込まれてしまう。
元気だったら通らせてもらうんだけど、1歩毎に吐き気がくるので
なかなか抜いてまで走れない。
まあ、なんの選手でもないんだし、タイムなんてどうでもいいじゃない。
結局、ほぼ歩きとなる。
途中、タケちゃん先生にあう。
タケちゃん先生は私のことほぼ誰かわかってない様です(笑)

■行者杉 14:36(2年前14:23)

やっぱりタイムが著しく遅れていた。
ラストもやはり渋滞。
筋肉の状態は悪くないけれど、胃腸が不快すぎて楽しい気分になりづらい。
ゆっくり進んだせいか、下りの砂利がさほど苦痛ではない。
わたしも精進したか?

■ゴール 15:51:56(2年前15:34:10)

とにかく、この胃の不快感を流し去りたい。
売店でビールを求めるも売り切れ。
アルコールまたは炭酸は、ほろ酔いソーダ味?が1缶だけあったので
それをいただく。

■帰路

ほろ酔いで、良い感じになり、休憩もそこそこに電車に乗り込む。
ここからが本当の地獄だった。
3駅ほどは寝てたんだけど、目が覚めてグロッキーがぶり返した。
電車の揺れがちょうど吐き気をさそう。
もう吐きそう~
なんとか天下茶屋に到達。
あわててトイレに駆け込むけれど、電車を降りたとたん吐き気がマシになり、
しばらく粘ったけれど、さほど戻さなかった。
次は淡路まで。
動き出したとたん、また吐き気が戻って来た。
淡路に降りたとたん、耐えられない吐き気が…
(ごはん中の方、失礼します。)
口の中まで戻ってまた飲み込んだ。
ホームで戻すのだけは避けたい。
トイレがやたら遠かった。
しかし、不思議なことに、トイレに入るととたんに吐き気が無くなる。
しばらく粘るも、今度はなにもでない。
再度、
桂までの辛い旅30分。
吐き気との戦い。
過呼吸になり、腰の辺りがしびれて来た。
バンダナを口にあて息をする。

なんとかぎりぎり到着。
トイレに駆け込むも、やたら混雑していたのであきらめる。
タクシーに乗ってようやく帰宅。
とりあえず汚いまま横になる。

2時間ほどして、お泊まりしていた娘がいとこの家から帰って来たので目覚める。
夜9時。少しの味噌汁と少しのタケノコごはんを食べてシャワーを浴びて、もう一度寝る。

疲れた。

身体の疲労感より、内蔵を傷めてしまったのでこれはきびしい。
筋肉痛はすぐに治るけど胃腸はなかなか難しい。

やっぱり私の場合は人一倍、胃腸に気をつけなければいけない。
前の日に飲み会に参加するとか、もう絶対やめた方がいい。

おにぎりもいいけど、やっぱり序盤や終盤ではジェルが必要かもしれない。

カメラや携帯は結局ほとんど使わなかったし、
次からは持つ必要がないと思った。

でも、今回冷静に考えてみたら往復に時間がかかり過ぎという事がわかった。
片道2時間半は遠いでしょう。
来年の参加は見送りという事にしようと思う。
またどうしても出たくなったら考えるという事で。

Scan-60.jpg
“2014大阪府チャレンジ登山大会(ダイトレ)” の続きを読む

2013大阪府チャレンジ登山大会

桂川駅始発5:30。
旦那さんに送ってもらって駅に到着。

ここまでは去年と一緒。
今年はスタート地点が変わりました。
送って来た案内には特に駅の指定はなかったんですが、
前の晩に友達情報で当麻寺が最寄りだという事を知り、
一旦、尺土まで行って折り返す作戦を取りました。

それでもスタートは8:50分の組となりました。
去年と一緒です。

毎年あうVFFを履いたYさんにまた会えました。
そのお友達たちと記念撮影。

526414_543973375646415_1551358095_n.jpg

去年は激しくねん挫をしたので、今回は絶対に怪我をしない&疲れを残さない
しかもPB更新したいという目標でした。
しかし、週末の悪天候や仕事の都合で100%の調整ができずじまい。
出るからには楽しくゴールしたいという気持ちでした。

とくに目立った渋滞も無く、ぼちぼち進んでいると
10km地点で30分遅くスタートされたYさんに抜かれました。

YさんはVFFでサブ3.5らしいです。

14kmほど進んだ地点でYさんの友達の女性に抜かれました。
彼女は前日に六甲に行ったので筋肉痛らしいですが、速いです。
あんな風に走れたら楽しいでしょうね。

その後、Yさんのお友達でVFFの人に追いつかれ、
その人とその後行者杉まで同行しました。
彼は裸足もやってみているそうで、今のところ5kmが精一杯らしいですが、
いつかマラソンもやってみたいということらしいです。

途中、VFFを履いた女性を発見!
女性で履いている人を大会で見たのは初めてだったので
うれしくってお声がけしました。

KOMODO SPORTかな?
2年前のモデルらしいですが、私は初期モデルしかしらないので
わかりませんでした。
名古屋ウィメンズでもそれで完走したそうです。

金剛山までの激登りが終わると、下ります。
この下りがかなりガレている為、同行しているVFFの人は
「シューズだったらとばせるのになぁ」と嘆いていました。
石を思いっきりは踏まないようにふんわり降ります。

水の上を走る様に左足が沈む前に右足を出すみたいな走り方がいいかもと
言うと、Yさんもそう言っていたらしいです。

行者杉に到着。
去年のスタンプマップを確認すると10分遅い。
去年は速かったんだなぁ。と思いながらおにぎり1個食べすすむ。

しばらくして休憩していたVFFの人が私に追いつく。
行者杉のタイムを考えるとその人の前年のタイムを更新できそうだったので
はげまして先に行ってもらいました。

その後、ランニング歴6年の膝が厳しくなっている男性にゴールまで
ついて行かせてもらいました。
ダイトレは2回目のひさびさらしく、がたがただそうで。
ラスト8kmというところで水が切れてしまい、ピンチになります。

最後のロードは水都のイメージでしっかり走りました。
ゴールしたらシゲヤスさんがいたので、
ホッとしました。

561924_543973658979720_1029677515_n.jpg

ゴール後のお茶のがぶ飲みがいけなかった。
ビールにしておけば良かったのに喉が渇きすぎていました。

電車に乗ると急にグロッキーになり、
大阪駅に乗り継ぐ前に外でしばらく座っていました。

結局JRに乗り込んだものの、めくるめく吐き気になんども途中下車しようと
思っては止め、思っては止めしていると自宅最寄り駅に到着。
旦那さんに迎えにきてもらって、ぎりぎり家に到着。

足がめちゃ汚かったけど、うえから靴下を履いてとにかく仮眠。
2時間ほど寝てから豆乳を温めて1杯飲み、風呂に入ってリフレッシュしてから
おにぎりを1個と豚汁1杯で寝ました。

史上最大のグロッキーでした。
ゴール後のがぶ飲みは絶対NGです。
心に刻んでおきます。

532672_368347296542358_100001012736553_1093032_1022124743_n.jpg
去年
Untitled-1.jpg
今年

“2013大阪府チャレンジ登山大会” の続きを読む

2012大阪府チャレンジ登山大会

桂川駅始発5:30。
旦那さんに送ってもらって駅に到着。

大阪駅が広くなりすぎて移動で短縮できるはずが、
予定通りの電車に。
到着も予定通り7:28着。

会場に着いたらすでに8:50スタートの組みになってしまいました。

そしてお友達のお医者さん2人に無事にあえました。

今回はスタート前にたっぷり食べる作戦。
まず、おなかが減るのを防ぐため。
そして前半を飛ばさない様に抑えるため。

おにぎり1合分を6等分したごまおにぎりを4個、
卵焼き半分、そしてカップヌードルを食べました。

カップ麺は大正解。
スタート直前でもすっと食べられます。
普段はインスタント食品は添加物がいっぱいなので
絶対に食べないんですけど、特別です。

残ったおにぎりと卵焼き、プチトマト、
ウィダーインゼリー、スティック状のおやつ2個、
塩飴、水900ml。

食べ終わって荷物を詰め直していると
今度丹後100にエントリーするお友達カップルに遭遇しました。
結果的に今回金剛山で6分間に合わず、足切りになったそうですが、
スタートが9:30と遅い時間だったので仕方が無い..残念。

今回は荷物を軽くする事を心がけたため、
スタートしてみてやっぱり軽やかでした。

皆さんキロ6分弱で駆けて行かれますが、
私は最後まで体力を温存したいため、
のんびり進みます。
そして、半年前から悩まされた左足の腸脛靭帯炎の再発がコワいので
それだけが心配でとっても慎重に、セーブして進みました。

551721_367434056633682_100001012736553_1090006_1024605655_n.jpg

そういうわけで、今回はタイムを求めない、たぶん制限時間問題無いだろうということで
いつもの目標タイムラミネートは用意しませんでした。
とにかく無理の無い速度で行くということで、各ポイントでのタイムは気にしてません。

あ、スタート前に、いつもチャレンジ登山大会で会う5本指シューズの人とまた会いました。
今度はお名前を聞いたので次会った時には声がかけられますね。
私は次回より生駒はでませんけど。。また来春お会いしましょう☆

のんびり行くためか、渋滞に捕まる事はありませんでした。
ときどきウォーカーの人に道を譲ってもらいながら順調に進みました。
特に、下りは調子にのると痛めやすいので慎重すぎるぐらいに下りました。

そして、力餅をP2チェックポイントで買おうと思ってたのに売り切れてました。
これはちょっと残念。

その代わりに葛城山でチョコモナカアイスを買いました。
これは美味しかった。

そして食べ終わって水越峠の手前、すべるので危険な石畳の下り道で
慎重に降りているにもかかわらず、右足首が内側にぽきっと大きな音をたてて
まがりました。
うわぁ折れた!
一瞬まっさお。
とにかくコースの端によけて、足首を動かしてみる。
動いた。とりあえず折れてへんわ。
でもリタイアかな。無念。

しばらくしゃがみ込んだまま撫でたりして様子を見る。
どちらにしろ、このまま降りなきゃ。
そしてえっちらおっちらおり始めた。

足首の曲がる方向さえ気をつければなんとか下れるようだ。

そうしてだんだん走れる様になりました。

金剛山手前ではやはり雪がありました。
549467_367433326633755_100001012736553_1089995_1949767681_n.jpg

金剛山(14:00timeout)を13:07に通過したものの、
目標タイムとか制限をまったく気にしてなかったため、
去年と比べてどのぐらいのペースかわからなかった。

去年はガーミンもなかったし、距離感や速度もわからなかった。
今年は110があるので、どのくらい進んだかわかる。

この大会は36kmと言われているけれど、
きっと実測は短いんだろうな。。
4時間30分すぎたところで20km地点だった。
あと16kmとして、のこり2時間半で去年と同じくらいのタイム。

どんなもんだろ。

でも、怪我せず最後まで体力を残して走り切るのが今日の目標。

最後のチェックポイントを通過して、残り4kmと表示された。
ガーミンは28kmを示していた。

もしかすると去年の記録より早くゴールするかも。

そう思うとよりいっそう足取りは軽やかに。

結果6時間44分でゴール。
去年は7時間15分だったのでまぁまぁ短縮出来た。
順調に行けばまだまだ更新出来そう!

とっても楽しい一日だった。

しかし、ねん挫はやっかいで、しばらく安静が必要となった。
でもそれ以外の部分のおかしな感じは出て来なかったのでほんとに良かった。
完全復活と言ってもいいかも。

とにかくねん挫を治そう。

532672_368347296542358_100001012736553_1093032_1022124743_n.jpg

アルバム
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.367432976633790.94115.100001012736553&type=1&l=e7984fba70
“2012大阪府チャレンジ登山大会” の続きを読む

大阪府チャレンジ登山大会 当日

今回は、山にしょっちゅう入ってたのでそれほど心配はありませんでした。
ただし、「キツいらしい」という噂で、制限時間が少し心配ではありました。

もちろん、事前に期日前投票に行って来ましたよ!

夜もそれなりにぐっすり眠れ、
朝も1時間前に起きて準備し、
始発に間に合う様に旦那様に送ってもらいました。

特に緊張感もありませんでしたが、
なるべく早くスタートしたい一心から、
乗り継ぎはダッシュ。

結局は7:12分に二上神社口駅に到着。

電車の向かい側の席に座ってたおじさまと
お話ししながら受付へ。
すでに8:30以降スタートとなってました。
おじさまはこれまでに3回出走したそうです。
だいたい7~8時間ぐらいでゴールとの事。
道中ご一緒できるかなと思いましたが、
第一チェックポイントあたりまで時々お会いしました。

twの人たちが来ているはずだけど、
なぜか携帯の電池がほとんど残ってない。
充電するの忘れてました~☆
確認できませんでした。

1時間といってもあっという間。
身支度をして、お茶を買って、
お腹が減ったのでおにぎりを半分だけ食べようと思いました。
つい、美味しくて2/3食べちゃいました。

トイレは渋滞していたので途中で行く事にしました。

座っていると、何人かの人が私を見つけてくれました。
jognoteやTLの人が実際に現れるって、面白いですね。
会えて良かったです。

服装は..
普通のTシャツに、ジーンズの半ズボン、
普通のファションスパッツ、アームカバー、軍手。
帽子無しでした。
普通のTシャツってどやろ?と思ってましたが
ぜんぜん普通でした~☆

スタートに集合した時、後ろに並ぼうと思ったら
おじさまが前に来た方が写るよ。ってわたしに言うので
一番前のおじさまの隣に並びました。

スタート!
みなさん猛スピードで駆けていきます。
わたしはぼちぼち進むとしました。
おじいさんとお話ししながら。

今回は嫌になるほど靴の事を聞かれました。
1位は「痛くないですか?」
痛いものを踏んだらそりゃぁ痛いですよっ!
(痛いものでもそおろっと踏めば痛くないんですよ。)

そして何人もVFFを履いている人がいました。
裸足系が広がっているんだなぁ。
もちろん、伝統的なわらじの人もいましたよ!
わらじはいいですね。滑らない感じがします。

とにかく最初に頑張りすぎないよう、怠けすぎないよう、
いつも通りのペースで進みました。
鏑木さんがちょっとの平らな場所でも走っていると
それの積み重ねでタイムが縮むと言うコメントをされていたので、
なるべく小走りでも詰める様にしました。

初級ゴールの葛城山では、予定通りの所要時間だったので、
精神的に楽になりました。

後はへたれる事無く、最後までトレイルを満喫しようと思いました。

DSCF0014.jpg

2つ目のエイドでの紅茶おいしかったので、
おかわりして2杯いただきました。

水越峠を過ぎた辺りでお昼前だったので、
砂利道の登りを歩きながらおにぎりを食べました。
HAYABUSAさんが追いついて来たので、
少しお話しして登りが緩やかになったので、
走り出しましたが、すぐまた登りになったので、
先に行ってもらいました。

そして、途中で買った力餅を食べながら歩きました。
途中わき水がおいしそうだったので、ごくごく飲む。

まだ食べれそうだったので、
プチトマトを4個いっぺんに食べました。

金剛山のチェックポイントでは、
制限の14時の1時間前の13時に通過でき、
ほっと一安心。

しばらく行った公園でソフトクリームを発見!
でも今回は余裕無く、そのまま通り過ぎました。

そしてここでナオキさんと遭遇。
記念に足を撮るというので、わたしもパチり。

DSCF0016.jpg

後半はウォークの人でつっかえるとなかなか追い抜けず、
2~3人の早い人が後ろからやって来て、
その人たちに付いて行く。しばらくして追いつけなくなる。
またウォークの人でつっかえる…。

そんな繰り返しでした。

写真は主に疲れてスピードが無くなって来た後半に撮りました(笑)

DSCF0018.jpg
DSCF0020.jpg

行者杉のチェックポイント手前でいくしまさんに再会。
膝を痛められたようで..走れる状態ではありませんでした。
心配でしたが、なんとか前に進めるようでしたし、
ゴールまで後少しでしたから、いけるのかなぁ、なんて思ってました。

行者杉のチェックポイントではスタンプを押してもらうのに
列ができていました。
並んで待ちながら、大福餅を食べ、
その後、配給のバナナ1/2本食べて、
お水を1杯いただきました。

あと2時間と表示されていましたが、
わたしの予定では1時間。
でも下りはかなりのガレバや段差の大きい階段。
ぽてぽて下り、ぽてぽて走りました。

結構な激下りだったので、いくしまさんが降りれるのかどうか
気になりましたが、私が助けられる訳でもないので
ご無事を祈るしかありませんでした。
(*後から無事ゴールされた事を確認できました)

DSCF0031.jpg

途中まで黄色の合羽?のおばさまを必死で追いかけましたが、
(※上の写真の人物とは無関係です)
やっぱり置いていかれました。

最後のアスファルトは足裏にがんがんきましたが、
とにかく走って行こうと決めたので、ゆっくりですが走りました。
ゴール手前ではダッシュしました~☆(ダッシュになってたかな?)

time.jpg

駅に向かうとミスドが200円セットを売ってたので
つい買いました。
1個は電車の中でもぐもぐ。
向かいのおじさんはビールをごくごく。
オールドファッションはパサついて喉を通りにくく、
1口食べて残す。

帰りの電車でも、疲れた感はあったけど、
生駒の時の様に「内蔵がぐるぐる」とはならず、
うまく補給でき、エネルギー切れにもなりませんでした。
その辺りが成長できた証かなぁ?

約2時間の電車に揺られて帰りました。
おしまい。

補給食一覧

・ショッツライム1つ
・パワージェル梅1つ
・おにぎり(1合分ほど)
・塩まめ大福1個
・途中で買った力餅1個
・プチトマト大きめ4個
・塩飴1粒
・グレープ飴1粒
・ハイドレには2倍に薄めたポカリを1リットル。(200mlほど残った)

エイドなど…
・スポーツドリンク1杯
・紅茶2杯
・わき水ごくごく
・水1杯
・バナナ半分

反省点—–
・プチトマトはもっと沢山食べたかった。
・トマト以外の野菜もいいかも。
・ポカリの濃度はもう少し薄い目でもいいかも。
・おにぎりも少し足りなかった。
・おにぎりには、お漬け物と梅干しがあるとよかったかも。
・ティッシュはポケットに入れておけば良かったかも。
・汗が流れるのでバンダナをおでこに巻けばよかったかも。
・事前に階段登りを強化する!
・サングラス必要だった。
・携帯の充電ができてなかった(予備の太陽光発電電池も無くなった)
・写真をスタートから後半まで撮ってなかった。

素足にKSOで、カカトにちょっぴり靴づれできました。
閉め具合がゆるかったかな?

[走る][登る]に集中している時は写真は撮りませんでしたので、
キツい階段は撮ってません。
また、気持ちのよいトレイルも撮ってません。
下りの激走ポイントも撮ってません。

だらだらした時に撮った写真、一部ピンぼけありですが、
写真はfacebookに全部アップしました。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.192433180800438.52497.100001012736553&type=1&l=807c93fac1
“大阪府チャレンジ登山大会 当日” の続きを読む

ダイトレ予想・目標タイム

綿密な予定…

スタート(8:00)
 ↑
 30分
 ↓
P2 竹之内峠(8:30)
 ↑
 1時間
 ↓
P3 岩橋山(9:30)
 ↑
 1時間
 ↓
P4 葛城山【初級ゴール】(10:30)(+予備時間11:00)
  (※葛城山で13時以降は、中級に進めません)
 ↑
 30分
 ↓
P5 水越峠(給水)(11:30)
 ↑
 1時間30分
 ↓
P6 金剛山【中級ゴール】(13:00)(+予備時間13:30)
   (※金剛山で14時30分以降は、上級に進めません)
 ↑
 1時間30分
 ↓
P7 行者杉(15:00)
 ↑
 1時間
 ↓
南海天見駅 【上級ゴ~ル】(16:00)

☆持ち物。

・おにぎり1合分
・プチトマト
・塩飴
・梅ジェル
・水1L弱←ここが悩むところ。給水できるのでハイドレじゃなく500mlのボトルでいいかも…
・山頂でソフトクリーム食べる為のお金。
・電車賃と万が一のタクシー代
・カメラ
・絆創膏

ジョグノートでランニング生活記録中。
“ダイトレ予想・目標タイム” の続きを読む

大阪府チャレンジ登山大会

どうかんがえても、8時ぐらいのスタートとなりそう。
となると、各関門の制限時間がヤバい。

8:00 スタート
13:00 葛城山14km
14:00 金剛山21km
ゴール 36km

所要時間9~10時間ぐらいかなぁ?
見当もつかないなぁ…
6時だと真っ暗かなぁ…
ライト…いる?
“大阪府チャレンジ登山大会” の続きを読む