丹後ウルトラマラソン参加

ここ2週間、謎の微熱37~37.5が続いている。
病院で血液検査と尿検査をしても、特に異常は見つからなかった。

出るか出ないか、3日前まで悩んで、
結局、当日36.8。
無事にスタートする。

天候は晴れ~曇り。

食欲がわかず、おにぎり1個だけ食べる。

スタートは最後尾からぞろぞろ集団で歩く。
しばらくすると、少しずつ走り出す。
そして最初の登り。

最初の登り坂はたいした事ありません。
どんどん先に進みます。

10km地点で1時間18分。
少しいつもより速く走ったつもりが、なぜかいつも通りのタイム。

15kmを超えた辺りから60km部門のコース中一番の上り坂に突入。
うへぇ、これはきつい。
前方に見えている人は全員歩いてます。

わたしはとことこ走り続ける。

まだかまだかと、峠の頂上17km地点。

下りはブレーキ無しで足をうまく転がす。
太ももに負担がかかる。

20km地点。2時間45分。
まだだいじょうぶ?

そして22km地点でマッサージをうけ、うどんを食べる。
Five Fingersの事をいろいろ聞かれる。
「足傷めますよ」と言われる。
うどんもう1杯食べるか悩んでやめる。

とぼとぼ出発。
歩く人ばかり。わたしも歩く。
まだ登り。

1人抜かされ、私も走る。

登りが終わり、住宅地へ。

そして26.9kmエイド。
足が固まって来た。

歩きが多くなる。
皆歩いている。

次のエイドは丹後あじわいの郷。
主人と娘が遊んで待ってる場所だ。
でも、とぼとぼ歩く。
この辺りで首・肩・背中が固まりだす。

30km地点4時間半。

歩いたり走ったりで抜かれたり抜いたりしたおじさんに、
次の関門はどこだったか訪ねた。

「関門まであと1kmぐらいだけどもう残り3分ぐらいですよ。」
え~~~~!!
「とりあえずダッシュしてみます!」
そこから猛ダッシュ。
なんだ、まだまだ走れるやん。

後500mと言うところの交差点赤信号。
時計は2時を過ぎていた。
(ホームページには関門は2時半となっていたけど変わったんですね;)

関門には8分遅れで到着。
無念のゼッケン外し。

汗臭いバスに乗り込みゴール地点へ。

すでに連絡済みの主人と娘はゴール地点で待っていた。

さっさとシャワー浴びて着替えて…。
100kmのランナーが次々と帰還する。

車の待っている場所へ急ぐ。

結論→
いきなりウルトラマラソンは完走できませんでした。
5本指靴でも別に問題は無さそうでした。
問題はそれを履く人です。

まだ十分に走れるカラダに成長していなかったと言う事です。
あと、関門にかかる事はないだろうという安易な考えで、
関門の時間表を携帯せず(うっかりゴール行きの荷物の中に..)
気が緩んで歩きすぎたからという問題もあります。

でも、どちらにしても最後まで走り切る体力は無かったんだと思います。

怪我も無く、膝は全く痛くならず、太ももが少し筋肉痛。
足裏は問題無し。甲と足首は少し疲れ気味。
体重は2kgほど減りました。
いっぱい食べて戻します。

前半しか体験できなかったけど、
きっと後半は感動が待っていたんでしょうね。

ぜったい来年は完走するから!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
今回初めて参加してわかった事は、
(1)
やっぱりスピードが遅いと、エイドからエイドまで時間がかかるので
ドリンクの携帯は必要。私はいつものハンドボトルでした。(これしか持ってない。)
(2)
エイドポイントと関門の場所、おおよその時間目標をラミネートしてヒモでくくっておく。(時間を教えてくれたおじさんがそうしてました。)
(3)
走る前にしっかり食べておく。
昼前後におなかが減りすぎました。
(4)
なるべく、誰かに声をかける。
黙っているより話した方が元気が出ると思う。
(5)
周りに惑わされない。
早すぎるペースのランナーや、遅すぎる人たちにつられないようにする。
みんなが歩いていると、歩いてもいい→歩いた方がいいみたいな感覚になる。
(6)
塩の取り方がわからなかった。
きっと、水に混ぜて飲んだら良かったんでしょうねぇ。
“丹後ウルトラマラソン参加” の続きを読む

歴史街道ウルトラマラソン

わたしがエントリーした歴史街道丹後100kmウルトラマラソンに
(わたしは60kmのほう)
昔、タラウマラ族の人が参加したというのを「ウルルン滞在記(youtube)」で知った。
でもアスファルトの衝撃で膝と腰を傷め、42km地点でリタイアした。

靴は古タイヤと皮のひもで作られたワラーチだった。

残念。完走できなかったのか。
じゃあ、わたしなんか到底無理やん。

アスファルトであろうと関係ないという説と、
ナチュラルな路面でこそという説。

実際どうなんだろ?

裸足のアベベは石畳やコンクリートの上も走った。

ベアフットの達人に聞きたい。
アスファルトの60kmレースをベアフットで完走できるものなのかどうか。

誰も教えてくれないので、私がやってみるしかない…。

42kmはすでに何人も完走されているのでいけるとして、
あと20km。きっとそういう人だったら完走できるんだろうな。
100kmとか200kmとかどうなんだろ?
“歴史街道ウルトラマラソン” の続きを読む

ウルトラマラソン 初心者の挑戦

やっぱり、エントリーしました。
あと4ヶ月。

トレーニングあるのみ。

最終的に靴をVFFにするのか、どうするのかという問題があるけど、
もう少し足を鍛えてから考えようと思います。

5月は月間100km
6、7、8月は200km~300km
走れる様にもっていきたいです。
“ウルトラマラソン 初心者の挑戦” の続きを読む