プルトニウム、セシウムタバコ

4月の段階で東京の人は1日当たり10個のホットパーティクルを吸い込んでいました。

福島原発から放出されたプルトニウム239は76兆ベクレル。これは前に、発表された量の実に23000倍の量だという…
(この値は原子力安全・保安院がプログラムを使って推計した値です。)

タバコの葉はJTと契約した農家だけが栽培できます。
関東、東北、九州などでも栽培されています。

20110907-7.jpg

食べ物ではないので野菜の基準値は比較にはなりませんが、
「比較すると少量」のセシウムは確かに葉タバコに入っているのです。

こんなタバコを吸っていれば、肺の中は間違いなく、ミニホットスポットだらけになります。
確実に肺ガンになる人が、一気に増えるでしょう。

「タバコやめますか? 命かけますか?」

笑い話の様ですが、やめられない人にはマルボロに変える様にお願いしました。
副流煙も恐ろしいです。

参照元:http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-845.html
“プルトニウム、セシウムタバコ” の続きを読む

憎むべきは原発

放射能問題と東北の人の差別の問題は別ですから!
一部の野菜だけが汚染されて他は大丈夫なんてことは小学生が考えてもあり得ないとわかる。

安全だと思う人はそれでいいじゃないですか!
不安に思う人に対してどうして強要するのですか!

憎むべきは原発です。

できることなら汚染地域から早く脱出してほしいです。
それを国と原発勢力が保証すべきです。

無用に京都の信頼を落とし、
被災地の人の心を傷つけ、
怒り心頭だ!!

徐々に、広い地域が汚染されている事が明るみに出てきてますが、
まだまだこれからも出るでしょう。

なんせヒロシマのセシウムの100倍相当のセシウムがばらまかれ、
未だ燃料の回収も出来ず、その10倍もの量のセシウムが
福島第一原発の中にあるのですから。

不可抗力の部分はあっても、なるべく被ばく量の総量を抑える様に
心がけるのは何も悪くない。人間として当然の権利だ。

偽善者の変な正義感の押しつけは迷惑です。

“憎むべきは原発” の続きを読む

福島原発事故について思う点

■京都の原発
私の住む京都市の近くには原発が沢山あります。
京都府のお隣の福井県。

大飯発電所
高浜発電所
高速増殖炉もんじゅ(ナトリウム漏れ事故で停止中)
ふげん発電所(2003年3月29日に運転を終了し、廃止措置)
敦賀発電所
美浜発電所

■原発は消せない火。
たとえ、停止しても廃炉にするにはずーーーと冷やし続けなければならない。
約30年ほどかかるそうです。

■廃棄物の問題はどうなっているのでしょう?

高レベル放射性廃棄物の処理・処分
http://www.fepc.or.jp/present/haikibutsu/high_level/index.html

地下300メートル以深の地層中に処分するという事なのですが、
ガラス固化体にして年間約1,000本程度が発生するそうです。

ガラス固化体とは、高レベル放射性廃棄物とガラスを混ぜて一体化して固めたものです。
最初は強い放射線を発生するため、専用の貯蔵施設で30~50年ほど冷却しながら
貯蔵され、その後搬出して地下300メートルに埋めるのです。

この様なガラス固化体が青森県の六ヶ所村にどんどん貯まっていくのです。

■原発に変わるエネルギーは?

東北関東大震災で計画停電が行われ、
これだけ沢山の火力発電所が停止しても、
東京で軽度な停電ですんだのを見て、
原発が無くても電力が足りているのではないかと思いました。

停止している(いた)火力発電所:東京電力プレスリリースより
・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中
・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中
・鹿島火力発電所 2、3、5、6号機 地震により停止中
・大井火力発電所 2号機 地震により停止中
・東扇島火力発電所 1号機 地震により停止中

まだ原子力依存度が総発電量の全体の3割に満たない今なら、
少しずつ太陽光や小規模水力、地熱などの研究をすすめて欲しいと思います。

そして電力を使いすぎる様な社会を目指すのはやめてほしいです。
前から違和感を感じていたのですが、オール電化など、電気をどんどん使ってくださいというCM。
これも止めてほしいです。
電気が足りないから原子力にと言っておきながら、もっと使えと言うのは矛盾してます。

あと、原子力がクリーンエネルギーと言うのはもう止めてほしいです。
とんでもない猛毒でこの世で一番の環境汚染だと思います。

■火力発電のCO2排出量
08年度のCO2総排出量の約25%が火力発電によるものです。
日本の電力のうち6割ほどが火力発電で、3割ほどが原子力です。
CO2の観点から見ても、原子力を止めたからといって現状より極端にCO2排出量が増える訳ではなく、人口の自然減少もありますし、自然エネルギーと努力次第でCO2排出量を減らす事は可能だと思います。

具体的な今後の計画の提案については、更に情報を集め、勉強をし考えていきます。

■この震災で感じた点
・原発事故のために計画停電しなくてはいけないという印象づけ
・放射線の数値と放射性物質の飛散の混同
・3号機はプルサーマル発電

■節電の努力を続けましょう!
日本の技術はすばらしい。捨てたもんじゃない。
さまざまな節電のテクニックがあるはずです。
考えてみてください。
家電が増え、家庭や職場の作業が楽になった半面、共働きでなければ食べていけない。
そして、家庭の仕事をしつつ仕事をするという状況は、家電が普及する前の時代より
自由が無く、家族のすれ違いが生まれているのでは?

今一度、振り返って幸せとは?豊かさの定義について考えてみましょう。

これまで、私は頭の中で反対しているだけでしたが、心底反省。
これからは何らかのアクションをおこそうと決意しました。
原発についてももっと勉強します。

今回の被災者に酷い追い打ちをかけた原発事故の
恐ろしさを絶対に忘れてはいけません。

——————
■メモ
・一般家庭(オール電化ではない)の年間消費電力が、約4,000kwh。
・オール電化の年間消費電力約8,000kWh
・6畳ほどの太陽光発電での年間発電量約1,700kwh
・2010年度の地熱発電導入見通しは、自然体ケースで59万kW

地熱発電の環境への影響
http://www.geocities.jp/morikonamia/tinetu.html

地震発生から1週間 福島原発事故の現状と今後(大前研一ライブ579)
※75分と長いので見応えあります。なかなか参考になるお話です。
大前研一さん:元、高速増殖炉の設計関係の経営コンサルタント
http://www.youtube.com/watch?v=8GqwgVy9iN0&feature=feedu
“福島原発事故について思う点” の続きを読む

日本の原発と地震

日本の原発・たまっていく放射能
(日本地図上で見る原発分布図1999年7月現在)
http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-1.html

——
日本共産党2007年の指摘。津波を被るところまでは想定していないものの、ほぼ正確な予測となっている。福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ
http://www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2007/20070724_02.html

——
なぜ原発は推進されるのでしょうか?

(理由1)原子力産業や建設会社などが原子力で儲け続けるため不公正な圧力を加えているから
(理由2)費用をすべて電気料金に上乗せできるから
(理由3)過疎で悩む地元に莫大なお金を落とすから
(理由4)原発推進のためにすごいお金をかけてPRしているから
(理由5)原子力技術を持っていればいつでも核兵器をつくることができるから
(理由6)政策決定に市民が参加できないから
(理由7)政策決定に市民が参加しようとしないから

http://www.nuketext.org/suishin.html

——-
原発がどんなものか知ってほしい(全)

平井憲夫

私は原発反対運動家ではありません

 私は原発反対運動家ではありません。二十年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。そして、最後まで読んでいただくと、原発がみなさんが思っていらっしゃるようなものではなく、毎日、被曝者を生み、大変な差別をつくっているものでもあることがよく分かると思います。
記事全文→http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html
“日本の原発と地震” の続きを読む

9.11

今日は私の誕生日。
40歳代にステップアップ。

そして、9.11といえば同時多発テロ。
自作自演の陰謀説(※)もあり、何が真実か情報をコントロールされている
一般市民にはなかなか見抜けない部分もあります。
※検索したらたくさん出て来ます。

どちらにしろ、アメリカの権力者のふるまいによって
この事件が起きたことは間違いなく、
罪も無い一般の市民が犠牲になってしまったことは許せないことです。

実質アメリカ主導のIMF(国際通貨基金)が、
中東や東アジアその他途上国に対して「融資と融資条件」という武器をもって、
各国の経済をぶちこわし、貧困が加速し、
弱い立場の子供やお年寄りが悲惨な一生を終えているのです。
欧米の権力の行使に対して、不満が爆発してもなんら不思議ではなかったと思います。

誰だって、世界中のすべてを見通すことは出来ないかもしれませんし、
環境によっては偏った情報しか手に入らないかもしれません。

なるべくいろんな立場から見た情報を自分なりに解きほぐして、
どうすべきか(何が出来るか)ということを
一生のテーマにして生きて行きたいと思います。
“9.11” の続きを読む

闇の子供たち

60kmウルトラに向けて、順調に走力をのばしています。
毎日、仕事も一生懸命がんばっています。
家族も娘もみな元気です。

今年の春に読書にはまっていた頃、適当に買いあさった本のなかで、
最後に1冊、読んでいない本がずっと放置されていたのを、
今頃になって、なぜか手に取って読み始めた。

なんの先入観も前知識も無く、ただ、偶然手に取って買った本。

読み出すと、あまりの過激な内容に読み進めるのもためらわれた。
でも、半分ほど読むと、どうしても途中で止められず、
残り半分も一気に読み終えた。

これほどまでに衝撃的な内容の本は読んだ事が無かった。

これはフィクションだよね??

タイという国は主人の友達の女の子が長年滞在していた国。
私はまだ行った事は無いけど、身近な国。
不安になっていろいろ検索した。

どうやら、事実そういうことがあるらしい。
事実なんだ….
重いです。

——————————
闇の子供たち(梁石日)
——————————

山岳地帯の民族が自分の子供をブローカーに売りわたす。
売られた子供は次々と転売され、
わずか8才の子供が売春宿で外国人のペドファイル(児童性愛者)相手に
強制労働を強いられる奴隷となるのである。

鞭やタバコの火を使って従う様に調教される。

そして30%ぐらいの割合でエイズに感染し、
発症して使い物にならなくなったら、ゴミ捨て場に遺棄される。

臓器移植のため、生きたまま臓器を奪われ(殺され)、
その他の臓器は目玉まで無駄無く全て、あちこちに売られる。

警察も官僚も癒着している為、
なす術も無い。

口外したものは殺される。
暴こうとする人も殺される。

そして、たとえ一人の子供を助けたとしても、
その子供の行く場所もなく、
また、頭数が足りなくなった分、どこかから調達されてくる。

————————-
————————-

私は世間知らずで、平和ボケしていて馬鹿です。
この小説があまりにも衝撃的で、2~3日心が重いです。

映画化もされてる様ですね。こんな話どう映像にしたんだろ?

そして、
考え抜いた末、私なりに答えを出しました。

必要以上にお金やものを欲しがる事は、
世の中に歪みが生じる。
人間の欲望がエスカレートした結果おこる悲劇なんだ。
誰が悪いと一方を責める事は意味がありません。
お金が人を狂わすのでしょう。

(1)今、直接的にできる事は、無い。
(2)子供を大事にし、愛を持って育てる事。
(3)無駄に消費せず、必要以上に取得しない。

今後、将来ライフスタイルを変更する為の模索をします。

ブログの内容が子供に関するもの連続したけど、
単なる偶然です。
そればかり考えてるわけではないんだけど…。

電化が進み、さも世の中が便利で良くなって来ている様に
見せられてますが、
労働時間は増えているのではないですか?
過剰労働によって作り出された余剰金は誰のところに流れ込んでるんでしょう?

大量生産によって安くなる物品。
輸入元・製造元の国では、安い労働賃金で働かされる人たち。
こういったことも、まったく関係ないとは言えないと思います。

一方で、ギリギリの生活をしている私たちは、
安い輸入もの、大量生産ものを買うという選択肢しかなかったりします。

考えても考えても矛盾だらけで、難しいです。
まだ、これからもずっと考えます。
“闇の子供たち” の続きを読む

食料を大量輸入して大量廃棄する日本人

 

京都新聞の記事に食料の輸入と廃棄について書かれていたので、
ネットで調べてみましたが、2006年の情報が最新の様です。
 
日本の自給率の低さが注目される中、大変気になります。
 
19年度の食料輸入量は約5800万トンだそうです。
 
食品産業での食品廃棄量は約1200万トンだそうです。
その他家庭からも2004年度の段階で1600万トンだそうですので、
なんと2500万トンほども廃棄されているのですね。
 
大量に輸入しておいて大量に廃棄していることになります。
恐ろしい事です。
昔読んだ、「稲盛和夫の実学 経営と会計」の一節に、
大根が安いからと言って大量に買ったはいいものの、安かったからと言って親類やご近所さんに持って帰ってもらって、それでも余った物は痛む前に急いで食べないといけない。
 
安く買ったつもりが実質は高くついているのでは?という様な例を持って、社内の在庫管理のあり方について述べられていました。
 
ある部品を製造する数量とコストの問題で、多少高くても必要最低限の数量で製造し、よけいな在庫は持たない。たとえ安く作ったとしても、動かなければ不良在庫で、売り物にもならない物が資産として計上されるというのはおかしな話だという事。
 
なるほど、安いからと言って食材でもやたら買い込んで結局人にあげたり、痛んでしまったり、使い切れなかったりで、結局無駄にしているのですね。
 
一般消費者の私たちも、本当に環境や身体の事を考えて、安売りに飛びつかず、いい物を必用なだけその都度、求める様にするのが理想だと思います。

 
“食料を大量輸入して大量廃棄する日本人” の続きを読む